王道の自己PRの話し方 ~3ステップで出来る、伝わりやすい自己PRの手順~

スポンサーリンク

i0000n

面接で一番難しいとよく話題になるのが、自己PRですよね。

面接が始まって一言目に「それでは、自己PRをお願いします」と挨拶もそこそこに言われる事もしばしば。
相手の面接官がどういう人なのかもわからぬまま、とにかく自分語りをしなければならない状況にになりますから、難しいのも当然ですよね。

ある程度の会話(雑談)の後での自己PRなら、話の流れの中で自然と出来る事もあるのでしょうが、そういうありがたいシーンはあまり多くありません。

それでは、いきなりの「自己PRお願いします」に、どういう順序で、何を話すのが鉄板なのでしょうか。

今回は、王道の自己PRの話し方についてまとめました。

自己PRには、話すべき順番があります

「自己PRをどうぞ」と言われてから何を話すか考えてしまい、なかなか言葉が出てこない上、話す順序も無茶苦茶になってしまい、面接官からは「わかりにくい」という印象を持たれてしまった方もおられるかも知れません。

自己PRは普通の会話と違って、前後の文脈や会話の流れを無視して、いきなり「それではどうぞ」と振ってこられるのがほとんどです。そのため、「普段の会話の感覚で自分の事を話せばいい」と思っていると、思わぬ展開になってしまう事も。

自己PRの一番の準備は、何をどの順番で話すか決めておくになります。

自己PRの話す順番 王道編

転職の面接で使う自己PRには、ある程度の王道の話し方があります。
おおまかな流れとしては、3つのステップにわかれます。


1.自分の経歴を時系列で話す
2.その経験の中でも、特に応募している仕事に近い物は詳しくアピールする
3.最後に志望動機を伝えて終える

順番に詳しく書き加えていきたいと思います。

順序1.自分の経歴を時系列で話す

まず、自己PRの最初の一言は、「それでは私の経歴をご説明させて頂きます」のような一言を添えて始めましょう。

経歴のスタートは、学校を卒業した所からになります。

20代後半や30代であれば、それまでのキャリアを覚えている事がほとんどでしょうから、その記憶通りに話していくだけでOKですよね。
40代以上になったり、あるいは転職回数が多い場合は、履歴書に書いている内容とズレが出ないように、事前に復習しておきましょう。

ポイントは、「履歴書よりも少し詳しく話す」という所です。

例えば、履歴書に「平成○○年 株式会社A入社 営業職に従事」と書いてあるならば、自己PR例はこのようになるでしょうか。

例1:私は、新卒で株式会社Aに入社し、営業部に配属となりました。営業部では主に法人向けの△△の販売を3年間、担当致しました。主に大手メーカーを中心に提案営業を行い、3年目には前年比30%アップの数字を達成致しました。その経験を評価され、その後は新人育成の担当も兼ねるようになりました。

このように、履歴書だけではわからない部分まで踏み込んで、自分の達成してきた成果、関わってきた仕事を語ります。
その時、やはり目立つ結果や評価されたポイントなど、面接官が「おっ!」と思うようなポイントを入れると更に良くなるかと思われます。

順序2.過去の経験の中で、応募している職に近い物をアピールする

基本的にはこのような形で、それまでの仕事を順番にアピールしていくのが一般的です。

しかし、例えばこれまで人事異動で3つの部門で別々の仕事を経験していた場合、それぞれを同じように話すのは良くありません。
これまでの3つの仕事の中で、今まさに面接を受けている仕事に似ている(応用できる)仕事が必ずあるかと思います。

その仕事は、特に集中してアピールしましょう!

例えば、このような形です。

例2:「最後に経験しました資材調達の業務内容ですが、これは主に製品の部材を、納期通りに低コストで仕入れできるよう業者と交渉を行う業務です。この業務において、それまでの営業で培った交渉術を応用し、年間で10%のコストダウンに成功しました。
その成果を出すために、主に私が取り組んだのは以下の3つです。1つめは~」

このように、あまり機密に触れない範囲で、自分がしてきた努力、工夫などを盛り込んで詳しく解説をしていくと事が大切です。
もちろん、今まさに応募している職業がこの資材調達の仕事に近いという事も大事なポイントです。

順序3.最後に志望動機を伝えて終える

自分の業務内容の中で、強い部分のアピールも終了しましたら、最後は志望動機で終わります。

出来れば、先ほど話したような「自分の特に強いスキル、成果」を話した直後に志望動機を語るのが理想的です。
もし志望動機があまり強く語れるような内容でない場合は、志望動機を飛ばして、最後に「以上です、よろしくお願いします」という終わり方でも問題はないかと思われます。

例3:「資材調達でこういった仕事を続ける内に、調達業務に強い魅力を感じるに至りました。より調達に特化したキャリアを歩みたいと思い、転職を決意しました。今回拝見しました御社の求人内容が、調達のスペシャリストの募集であったため、ぜひ自分のこれまでの経験を活かしてチャレンジしたいと思い、応募致しました。以上です、よろしくお願いします」

まとめ

自己PRは大きく3つのステップにわけて、それぞれを作っていきますと、シンプルながらわかりやすい形になります。

おおまかにこういう流れで話そうと決めておきますと、いざ自己PRがやってきた時にも、混乱せずに何を話せばいいかが明確になるかと思います。
また、これはあくまで基本形ですので、自分流にアレンジしてもっと上手いアピール法に仕上げる事も、もちろん可能です。

ぜひあなたの素晴らしいキャリアをアピールするきっかけにして頂ければ幸いです。

あなたの転職に幸ありますように!

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

受かる面接ノウハウ履歴書・職務経歴書
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました