未経験、異業種へ転職する時の志望動機 ~好まれる書き方例、NG例~

スポンサーリンク

G012550_mini

未経験の職種や異業種への転職をする時に悩むのは、やはり志望動機ですよね。
実は採用担当者も、この志望動機の欄をかなり慎重に見ている事が多くあります。

やはり、「なぜ前の業種を離れる事にしたのか」「なぜこの業種に挑戦しようと思ったのか」は、その人の考え方が出やすく、意欲などを判断するのにも役立つからかも知れません。
また、応募する方から考えますと、未経験の業種へ挑戦する訳ですので、高いハードルを越える気持ちはあっても、実績がないため、「本当に受かるのか、本当に自分の気持ちが伝わるのか」と不安にもなってしまいがちです。

そんな時にも使える、未経験職種や異業種への転職で、伝わりやすい志望動機の書き方をまとめました。

まず絶対にNGな志望動機の例から

良い書き方例やアピール例の前に、「これはNG!」となる例を挙げてみたいと思います。

NG例1.前の会社の悪い部分ばかり書く

例1:前職はとてもノルマが厳しく、人間関係も最悪でした。この会社に長くいてもいけないと思い、転職を決めました。

例2:前職は法人向けで厳しいお客様が多く、向いていないと思いました。個人向けなら自分にも向いていると思い、応募しました

例1の場合では、前の会社の事を非常に悪く伝えています。実際に前の会社がブラックだったとしても、それをストレートに書いてしまいますと、やはり読み手の採用担当者の印象は良くはなりにくいもの。退職理由の説明で多少、前の会社への不満点を話す事はあっても、履歴書に書いてしまうのは避けておく方が安全です。

例2の場合は、どうしても「前の仕事は向いていないけれど、この仕事なら自分でもできそうだ」というニュアンスが出てしまいます。
実際はそうでなかったとしても、書き方で「この業界の仕事の方が簡単そう」という雰囲気が文章で出てしまいますと、印象は悪化します。

どちらの例も、前職の大変だった部分を隠す必要はありませんが、それが主な志望動機になってしまいますと、どうしてもネガティブな内容になりがちです。

NG例2.新しい事を勉強したい

例1:前職は教育業界でした。しかし、少子化で先行きが良くないと考え転職しました。飲食業は未経験ですが、しっかり会社から学び、手に職をつけたいと思っています。

未経験の業種や職種への転職の場合、どうしても「勉強したい」「学びたい」「手に職をつけたい」という志望動機を言いたくなりますよね。
もちろん本音の部分なのですが、ややリスクがありますので、出来るだけ止めておいた方が無難です。

例文にもありますように、どうしても「会社に技術を教えてほしい」というニュアンスが出てしまいますので、面接官側から「当社は学校じゃないよ」と突っ込まれる可能性があります。

面接ではあくまで「私が役に立ちますよ」というアピールが必要です。
「会社の方から色々教えてくださいね」というお願いアピールをしてしまうと、逆効果になる可能性が大ですので控えめにした方が安全です。

未経験、異業種への転職は「なぜこの仕事なのか」が伝わるようにアピールを!

さて、次は未経験や異業種転職の際の志望動機の作り方です。
大きく分けて幾つかのパターンがありますので、「自分ならこれかな」と思う物があれば、ぜひそれらを参考にして頂けますと幸いです。

1.前の職場では出来ない事を達成したい

例えば、前職が法人向けにサービスを提供する会社だった場合なら、個人向けに販売やサービスを提供する仕事をしたいと思うと転職しかありませんよね。
こういった形で、「前の会社では出来ないけれど、転職すれば出来る」という前向きな理由でアピールをする事がポイントです。

例1:前職は法人向けの保険契約を中心にした業務内容でした。確かにやりがいはありましたが、私はもっとお客様の顔を見ながら、人生設計まで関わりたいと思うようになりました。そこで、前職の保険の知識も活かしながら、御社の資産運用の業務に携わり、お客様の人生全般に関われるようになりたいと思い応募しました。

上の例文の場合は、前職の経験をアピールしながら、新しい仕事に変わりたい理由(この例文では「お客様の人生全般に関わりたい」)もしっかりアピールしています。

このように、「前の会社では出来ないけれど、この仕事でなら自分の目指す仕事が出来る」というアピールに持って行くのがポイントとなります。

2.前の職場で身につけたスキルを、違う場所で発揮したい

例1:前職は小規模の予備校講師でした。人前で話すスキルを、より広い世界で活かしたいと考えるようになり転職を決意しました。今回応募させて頂いた職種であれば、海外のお客様にまで製品の良さをアピールする機会があり、自分のスキルを違う場所で活かせるのではないかと考えています。

転職の面接で一番大切なのは、「自分は役に立ちますよ!」というアピールです。

また、会社は常に即戦力以外にも、他の業種の方の考え方や技術を求めています。
そこを両方あわせてアピールするのが、「前職のスキルを、異業種で活かしたい」という志望動機です。

この例のように、「このスキルをより広い場所、高いレベルで活かしたい」というキャリアアップのための転職、志望動機は大変好まれます。自分のレベルアップにつながる部分があるのであれば、この言い回しで志望動機をつくるとスムーズかと思われます。

まとめ

未経験、異業種への転職の場合は、「転職した理由」が大変注目されています。
ここでNGワードを使ってしまいますと、面接がなかなか難しくなってしまいますので、それらを避けつつも、前向きな志望動機や自己アピールをしていく事がポイントなります。

あなたの転職に幸ありますように!

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

受かる面接ノウハウ
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました