初めて「転職しようかな」と迷った時に読んでおきたい、転職のコツ

スポンサーリンク

仕事で大きなミスをした時や、嫌な上司にうんざりした日、人間関係がギクシャクしすぎて辛いと思った日。
ふと、「転職しようかな…」という言葉が、頭をよぎる事もありますよね。

転職は自分の人生を決める大きな決断ですから、すぐに「よし。じゃあ明日、転職」と決める人はいませんよね。

今回の記事は、初めて「転職」という言葉がよぎった時に、知っておきたい転職の基本をまとめました。

■転職の基本1.転職は、新卒の就職活動ほど時間がかかりません

大学生の頃、就職活動で何十社と受けては落ち、受けては落ち、を繰り返してようやく内定を手にした方が大半かと思います。

実は、それだけ多くの会社の面接を受けるのは新卒の就職活動だけで、経験者の転職ではそれほど多くを受ける機会はありません。

社会人経験がある程度ありますと、当然、技術や経験が身についていますから、それを活かせる会社を選ぶ形になります。
(もちろん未経験業種へ飛び込むという選択肢もありますが、20代後半あたりがラストチャンスです)

面接する企業の方も、新卒と比べると、転職者の採用は面接回数も少なめになります。

と言いますのも。
新卒の面接は、誰を見ても社会人未経験なのでポテンシャルや人物面だけで判断しなければならないので、面接回数が自然と多くなります。

ポイント!

逆に、転職者の場合は、履歴書を見ればどこの会社で何をしていたという経験がわかりますから、面接なしでもある程度、その人の技術や経験が伝わるという点が大きな違いです。

そのため、「大学生の頃の就職活動のようなハードスケジュールは働きながら出来ない!」と思う必要はありません。

早い方なら、2,3社受けるだけで転職先が決まるという事例も多く、何十社も決まらない場合はむしろ転職せずに、今の仕事を続けるという選択が出来るのもメリットです。

■転職の基本2.転職の時期を選べるので、時間をかけてみている人が多い

新卒の就職活動は、だいたい夏の前には内定が出そろって、次の4月に一斉入社というのが一般的ですよね。

しかし転職の場合は、そういった「時期」があまりありません。

募集の多い時期、少な目の時期はありますが、「この時期しか転職できない」という成約はなく、一年中が転職タイミングです。

 

その分、自分の興味のある企業や、職種の求人が出るまで、じっくり待てるという点は転職者にありがたい話です。

インテリジェンスやリクルートエージェントなどに登録して、非公開求人を紹介してもらったり、企業からのスカウトを待って、自分が「これだ!」と思う物に出会えるまで、普通に働きながら、自宅で求人を見ているという人もかなり多くおられます。

[adsense2]

■転職の基本3.会社には言わずに転職活動を進め、内定後に退職手続きを始める人がほとんど。

会社におおっぴらに「転職活動しています」という人は非常に稀です。

やはり転職活動の事を言ってしまうと、社内で波風が立ちますから、基本は誰にも言わずに進めるのが一般的です。
また、面接は平日の昼間が多いので、その際は午後半休や、有給取得などで対応している事が多いです。

どうしても平日の所定時間内は出られない、という場合は
応募先の企業によっては、所定時間外で面接を設定してもらえるという場合もあります。

最終面接あたりで、多くの場合は「退職までにどれくらいかかりますか?」と聞かれ、退職日と次の会社の入社日の日程調整が始まります。

一般的には1~2か月後の退職で調整する方がほとんどです。

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

転職を迷った時
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました