30代で転職するべき? 残るべき? ケース別の転職診断

スポンサーリンク

s_a0008_001843_m_mini

今回は年齢別の転職タイミング解説、「30代の転職編」です。

一般的に転職の中心になるのは20代後半となりますので、30代での転職になると、少し転職タイミングとしては遅めという印象があるかも知れません。
しかし、同じ30代でも内容や職種によっては、転職がしやすいケースもあれば全く逆のケースもあります。

今回は、そんな30代の転職事情をケース別にまとめました。

30代で未経験・異業種への転職は受かりやすい?

一般的には、未経験業種への転職をするなら、やはり20代の方が有利と言われています。

ある程度、応用が利きそうであれば転職可能性は十分にありますが、全くの未経験・ジャンル違いの業種へ転職となりますと、ややハードルが上がってくる年代ともいえます。

また、社員の平均年齢が低い会社へ応募しますと、上司や面接担当者が自分より年下だったという事例も出てくるため、応募先によって状況が全く変わる事も増えてくる傾向があります。

未経験・異業種への転職が成功しやすい業種、職種は?

一般的には、未経験の応募者を採用するなら、若い方が覚えも早く、組織に馴染みやすいので好まれるといわれています。
しかしこれはあくまで一般的な企業の話ですので、全てがそうという話ではありません。
逆に転職者が30代中心という会社も多くあります。

特に、マネージメントが必要とされる職種や、外資系、自営に近い形の保険代理店の他、人材系や金融系には多い印象があります。

こういった場合ですと、未経験でも全く問題なく歓迎されるケースがかなりあります。
また、求人には「30代からの未経験者の転職が中心です」などのように、わかりやすく書かれている事も多いですから、それも一つの目印になるかと思われます。

応用の効く業種、職種への転職なら35歳までが一つの目安に

自分の持っている技術や経験を、ある程度活かせる形で違う業種へ転職する。
やはりこの方法が王道となりますし、30代の転職の基本パターンになるかと思われます。

この形ですと、やはり一般的に言われている「35歳あたりまで」という考え方が正しくなります。

35才を超えますと、どちらかと言えば、管理職の候補としての採用になります。
入社数年で管理職へ登用する事を前提にした採用という事ですね。

こういった場合は管理職としての経験や素養なども必要とされますのでハードルは上がりますが、給与面などの条件で言えば、かなりの待遇になるかと思われます。

転職回数が多すぎると、転職は難しい?

転職回数はやはり少なければ少ないほど、面接では有利になりがちです。
回数で言いますと、1、2回程度、多くても3回目あたりであれば、特に問題なく採用になるケースが大半です。

逆に、4回、5回と転職を繰り返している場合ですと、履歴書の段階で不利になるようなケースが増えて来てしまいます。

しかし、転職回数が単に多ければNGという訳ではありません。
転職の中身によっては、むしろ良いポイントとして評価される事も可能です。
例えば同業種で転職を繰り返しています場合などは、面接官からも「経験値が高い」と判断され、転職回数が少ない応募者よりも良い条件で迎えられる場合もありえます。

しかし、退職理由については同業だけに、かなり詳しく聞かれる可能性がありますので注意も必要になります。

まとめ

35歳が転職の一つの区切り目といわれていますが、やはり内容によって、成功しやすい例や逆の例も出てきます。

30代転職のポイントは、自分を「即戦力」と感じてくれる企業への転職が最も有利となります。
逆に、未経験や異業種への転職は厳しいですが、もちろん不可能ではありません。それを成功させるためにも、30代を多く受け入れる業種や職種を選んでいく事がポイントとなります。

あなたの転職に幸ありますように!

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

転職する?残る?転職診断
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました