40代で転職するべき? 残るべき? ケース別の転職診断

スポンサーリンク

d844df879711f2c992f599adc3e76865_s_mini
今回は40代の転職タイミングについてまとめました。

「転職は35歳あたりまで」とよく言われていますように、40代の転職は20代ほどスムーズでないのが実際です。
しかし、転職して大きく成功している方も多くおられますし、職種、業種によっては年齢の関係ない物も多くあります。

今回は、そんな40代のケース別転職診断です。

40代の未経験業種への転職は可能?

40代から全くの未経験業種への転職は、かなり難易度が高めとなってしまいます。

と言いますのも、やはり「40代の新人をどう育てるか」というのは、そのノウハウがない会社が多いですから、やはり敬遠されやすくなってしまいます。

ただし、「全くの未経験業種」というのが難しいという意味ですから、ある程度の応用が効く職種ならまだまだ転職も可能です。

例えば、半導体の営業職経験者が、全く業種違いの商品の営業職へ転職する分には「営業力」という応用の効く経験がありますので全く問題がありません。

飲食業の経験者が、全くジャンル違いの料理を扱う業種へ転職する例も同じです。「調理の基礎」が出来ていますので未経験扱いにはなりません。

ある程度応用が効くイメージが出来ます場合は、それを全面に打ち出してアピールしていきますと「未経験扱い」にはなりませんので、転職が有利に進みます。

全くの未経験異業種でも転職できる業界

40代から全くの未経験業種へ移るのはなかなか難しい物がありますが、一部の例外はあります。

それが、圧倒的な人手不足になっている業種です。
今ですと、介護や外食産業などがそれにあたるでしょうか。

とにかく人手が足りず、採用人数を何とか確保しようと努力している業種が複数あります。
こういった企業では、年齢や経験をそこまで重視しない傾向がありますので、未経験からの異業種挑戦も受け入れてもらえる可能性は高くなります。

管理職としての転職は40代から

40代で成功されている例の多くは、やはり管理職としての転職です。
既に前職で管理職の経験があり、その経験を活かして、次の会社で最初から管理職や経営層として入社するというパターンですね。

管理職の求人の探し方は、少し普通とは違います。
一般的な転職サービスは、ネット上に公開求人を載せていますが、20代30代の求人案件が中心ですので、40代の管理職求人は載っていません。

管理職の求人は、各社とも仕事内容や年収を秘密にしておきたいため、ほとんどが非公開求人です。

そのため、紹介での入社や、ヘッドハンティング、転職エージェントの非公開求人を利用するといった方法が多いようです。

また、最近では、「ハイクラスの求人(管理職)限定」というサービスを提供している会社もありますので、そちらを使うというのも一般的になりつつあります。

自分の可能性を探る意味では、一度、大手転職エージェントに登録してみるのも良い方法です
自分の力を必要としている企業があるかどうかを、非公開求人の中から探してもらえますので、思わぬチャンスにつながる可能性があります。

まとめ

40代の転職は他の世代と少し勝手が違ってきます。特に管理職としての求人は非公開が中心ですので、自分にあった求人に出会うまでがポイントとなります。
未経験、異業種へはなるべく応用の効く経験をアピールして挑戦していく事が重要になるかと思われます。

あなたの転職に幸ありますように!

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

転職する?残る?転職診断
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました