転職の履歴書 本人希望欄の書き方、活用法

スポンサーリンク

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s_mini

今回は履歴書の最後の欄、本人希望欄について活用法をまとめました。
特にこだわりの希望がない場合は、無視してしまいがちな欄ですが、やはり正しい書き方や、避けておきたいポイントはあります。

特に生活や給与に関わる部分でもありますので、もし希望がある場合は記入しておく方が良いかもしれません。

本人希望欄には何を書くべき?

本人の希望という書き方ですので、求める事を何でも書いていいかと思ってしまいがちですが、実際はそうではありません。

基本的には、給与や職種、勤務地などは「御社規定に準じます」といった書き方をし、「会社のルールや決定に従います」という姿勢を見せる欄になります。
ここに「年収500万以上を希望」や「東京支店の配属を希望」と書くのはあまり一般的ではありません。

また、あまりに希望条件を書きすぎますと、それだけで面接官からマイナスイメージをもたれる可能性もありますので、それは避けたい所でもあります。

本人希望欄の定型文は?

基本的には「御社規定に準じます」や「貴社の規定に従います」のように、一言で済ませるのがスマートです。

特に希望がない場合でも、「特になし」はNGですので注意が必要です。

また、職種については「希望職種:営業職」といったように、応募している職種を書いておく方が丁寧になります。
配属の希望を書く欄がある場合は、「御社の配属に従います」と書いておきましょう。

<どうしても譲れない条件がある場合>

どうしてもこの条件がなければ入社は出来ない、といったレベルの希望がある場合は、ここに書くのも一つの手です。

例えば、家の都合で絶対に転勤が出来ない場合などは、「希望勤務地:東京」といったように、自分が通えるエリアを書きこむ形となります。
ここに「転勤不可」と書いてしまいますと、さすがに印象悪化の可能性がありますので、希望を書くだけにしておきましょう。

面接の際に、転勤がどこまでなら出来るかという質問は必ずやってきますので、その際に事情を説明して、お互いに納得できる形で折り合いを付けられれば、採用も見えてくるかと思われます。

給与交渉をする場合は、ここに希望額を書くべき?

履歴書は採用担当だけでなく、その上層部や配属先の役職者も目を通します。
そこに結構な金額の希望を書いてしまいますと、関係者全員に「強気な給与交渉をした」と伝わってしまいますので、あまり印象がプラスにはなりません。

また、人事部からの説明等を受けて、「会社の規定通りでOK」と納得できた場合でも、履歴書に書いてしまった希望金額は後から修正が出来ませんので、入社後もその書類が保管されます。
いずれにしても希望給与額を最初から履歴書に書くのはリスクが大きいですので、避けた方が無難です。

実際の年収交渉は面接の終盤、あくまで口頭だけで済ませる(文書に残さない)方が安全な面接を出来るかと思われます。

まとめ

入社前に希望をあれこれと伝えたくなる気持ちが出てしまいがちですが、絶対に譲れない条件以外は、文書にせず口頭で交渉するのが安全です。
また、強い希望が特にない場合は、「御社規定に準じます」のような定型文でスマートに済ませましょう。
あなたの転職活動に幸ありますように!

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

履歴書・職務経歴書
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました