転職の履歴書 学歴・職歴欄の書き方まとめ

スポンサーリンク

さて、今回は転職の際の履歴書の書き方です。
中でも、ある程度書き方が決まっているものの、意外と迷ってしまいがちな、学歴職歴欄についてまとめました。

特に、職歴欄にはいくつかの書き方がありますので、自分にあった方法をぜひ選んでくださいね。

学歴欄の書き方

gakureki001

学歴欄は、高校の卒業から書き始めるのが一般的です。

間違えやすいポイントがいくつかありますので注意が必要です。

・略称を使わない(「高校」ではなく「高等学校」と記入する)

・学部学科まできちんと書く(学部は書いても学科を忘れる事がありますのでご注意を)

・○○県立、△△府立などの記述もお忘れなく

浪人、留年、中退、留学はどう書く?

受験浪人で1年ブランクがあいたケースもあるかと思いますが、これはわざわざ特別に書く必要はありません
高校の卒業年度と大学の入学年度が1年あいていれば、それで「大学受験で1年浪人している」という事がわかりますので、問題がありません。

留年も同じ理由で何も書かずにおきましょう。卒業年度を見ればわかりますので、わざわざ「○○年 留年」といった書き方は不要です。

逆に、中退は必ず書かなければいけません。
「○○大学 中退」といった形で、卒業という表記を使わずに書きましょう。

留学については、プラス評価になるアピールになりますので、書いておくのも一つの手です。
大学の入学を書いた次の行に、「平成○○年~○○年 アメリカ△△大学へ留学」などの記述を入れましょう。

職歴欄の書き方

shokureki001

職歴欄はアルバイトや新卒の就職活動とは少し勝手が変わります。
アルバイトや新卒の就職活動などでは、履歴書だけで職歴を説明しなければいけませんでしたが、転職の場合は職務経歴書がセットになります。

詳細はそちらに書く事になりますので、履歴書の職歴欄の基本は、上の例文のように「事実を正しい書き方で並べて、1~2行はアピールを入れる」が基本になります。

書き方のポイント

・(株)のような略称を使わずに正式名称で書く 

・会社への入社の後、配属された部署や担当した仕事を書く

・退職も必ず書きましょう。その際の書き方は、「一身上の都合により退職」となります。

・もし在職中ならば、書き方は「現在に至る」となります。

・最後の行には、必ず「以上」を右下に入れて終わりましょう。

1~2行のアピールはどう書くべき?

入社、配属の後には、自分の仕事についておおまかにですがアピールを入れるのが一般的です。
どう書けばいいのかを悩む部分も多いかと思いますが、ここには入れておきたい目安のキーワードがあります。

<アピールに入れたいキーワード>

1.担当した製品や分野、サービスなどを大まかに書く

2.人数、規模などを入れる

3.詳細は職務経歴書に書くため、あまり詳しく書きすぎない

これらを含めながらおおまかに自分の業務をアピールしていきましょう。

<書き方例1>
株式会社ABC 入社
(従業員数:100名 中古自動車販売業)
 東京店での小型車販売に従事

<書き方例2>
株式会社ABC 入社
事業内容:家電製品の製造販売 従業員数:500名
小型掃除機の設計開発、評価業務に従事

まとめ

新卒やアルバイトの頃とは異なり、職歴欄に1行から2行程度のアピールが入るのが、転職の履歴書のポイントです
また、会社の規模や業務内容などの記載がなければ、どういう会社なのかがわかりませんので、そちらの記述もお忘れなく。
さらに自己PRや職務経歴書の書き方についても別記事で書いていきたいと思いますので、ご覧頂けましたら幸いです。

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

履歴書・職務経歴書
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました