在職中の転職活動で必ず聞かれる質問への答え方例

スポンサーリンク

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s_mini
在職中に転職活動をする場合、面接で必ず聞かれる種類の質問があります。

それは、「現在の仕事を辞める理由」の部分です。
質問の仕方は面接官によって様々ですが、大きくわけると3つの理由を聞かれている場合が大半です。

<在職中の転職活動で聞かれる質問>
1・なぜ、今の仕事から離れて、次へ行きたいのか。
2・なぜ、今の会社ではそれが出来ないのか。
3・なぜ、そうしたいのか。

それぞれに解説していきたいと思います。

質問1.なぜ今の仕事から離れて、次へ行きたいのか。

現職を辞める理由です。やはり応募先の人事が一番気にしている所となります。

この理由や説明方法を考えていきますと、やはり今の仕事に対する不満が出てきます。それはもちろん問題ありませんが、実際に面接で「現在の仕事の愚痴を延々と話す…」というパターンにならないよう、なるべくシンプルに伝わる言い回しを考えておく方がスマートです。

また、この質問への答え方を掘り下げて考えていきますと、どこかで
「もしかしたら、自分のせいかも知れない」と思う部分もあれば、
「これは今の会社では無理だ。違う仕事へ転職しなければ」と思うところもあるかもしれません。

自分が原因の場合は、現職のまま改善して仕事に取り組むという結論に行きつく事も可能ですし、逆に「転職以外に方法はない」という確信に変われば、強い転職の意思につながりますのでやはりプラスです。

残る、転職する、いずれの場合にも大きな気づきや確信につながる貴重な質問ですので、答えや理由を時間をかけて考える価値があるかと思われます。

質問2.なぜ、今の会社ではそれが出来ないのか

在職中の転職活動の場合、面接で頻繁に聞かれる質問として、「それは今の会社では出来ないのですか?」があります。

自分の志望動機や、転職して達成したい事、貢献したい事などをアピールした後にこの質問が出てくるパターンが多くあります。
例えば「御社に入社後は、○○の分野で貢献したい」という自己PRをした後などに「なぜそれを今の会社では出来ないのですか?」と返される形の質問です。

もしここで「今の会社でも十分に出来る」と思われる答え方や理由となりますと、やはり採用までいたる可能性が下がってしまいます。

例えば、
「私はコミュニケーション能力を活かして営業の職種に就きたいと考えております。現在は経理部のため、自分の能力を活かす機会を求めて転職を決意しました」といった内容の場合、やはり面接では「社内で営業部に異動願いを出せばよいのでは? わざわざ転職する理由ではないのでは?」という疑問を持たれてしまいます。

やはり「自分のやりたい事は今の会社にいるままでは出来ない」という理由を話せるかどうかがひとつのポイントです。

社内での異動や転勤、職種転換や昇進などで達成できてしまう内容が理由の場合は、転職活動をする前に、一度その方法を試してみるのも一つの方法です。
それがどうしても叶わないとなった後に転職する事も出来ます。

また、その方が転職の自己PRや志望動機で詰まる可能性も減りますので、よりスムーズになるかと思われます。

質問3.なぜ、転職してまでそうしたいのか

この質問は、聞かれない場合も多いかも知れませんが、上の2つの質問の続きとして聞かれるパターンもあります。

「転職してでも○○をしたい」という思いの背景には、自分が達成したい事、手に入れたい物があります。

自分が活躍したいといった願いや、より自分の興味のある製品やサービスに関わりたいという思い、大切な家族を養うためにより条件の良い仕事に就きたい…など。
どういった理由であっても、この「思い」の部分は人事の側も否定のしようがない内容となりますので、素直に自分の思いを伝える事がポイントです。

強い志望動機の裏付けになる「思い」を語る事は、より印象に残りやすい自己PRになりますので、面接でもプラスに働きます。

「なぜ転職をしようと思うのか」の根本にある思いの部分ですので、これを自分で掘り下げて確認しておきますと、志望動機関連で思わぬ質問を受けた時にも、対応しやすくなります。

まとめ

在職中の転職活動の場合は、やはり「なぜ今の職場を出ようとするのか」という質問が必ずあります。
自分の志望動機にもつながる質問となりますので、3つの種類に分けて答え方を考えていく事が、より成功しやすい転職活動のポイントとなります。

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

自己PR、志望動機転職する?残る?転職診断転職のお悩みQ&A
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました