同業他社へ転職する時の志望動機、NGワード まとめ

スポンサーリンク

gah1_mini

転職を成功させる一番確実は方法は、やはり「同業他社への転職」とも言われています。
それほどに成功する確率は高いものがありますが、企業の大きさや仕事内容、退職理由など様々なハードルもあります。

今回は、同業他社への転職成功のためのポイントをまとめました。

大企業から中小への転職、中小から大企業への転職

同業他社への転職をする場合に、ほとんど同じ規模の会社に移る事が出来る例はあまり多くはありません。

やはり企業規模が小さい方へ移る場合の方が成功率は高く、中小企業から大企業への転職事例はあまり多いとは言えないのが実際です。

大企業から中小へ転職する際の注意ポイント

同業他社で前職より企業規模が小さい会社への転職となりますと、どうしても「上から目線」が心のどこかに出てしまう事もあります。また、面接する側もそういった部分に敏感になっている事がありますので、慎重に進める方が確実です。

面接でのほんの些細な言葉の選び方や、言い方ひとつに出てしまい、それが理由でNGとなるのは避けたいポイント。退職すると決めた段階で、企業の規模については忘れてしまう方がスムーズに進めやすくなります。

また、「前職のやり方、方法を教える事が出来る」というアピールは絶対にNGです
「前職のやり方が正しい、御社のやり方は間違っている」という意味合いに聞こえてしまう事が多く、面接で険悪な空気になる事も。
アピールにどうしても使いたい場合は、「前職の経験、知識も活かしながら新しい環境に慣れるよう努力したい」くらいの言い回しにしておく方が確実です。

より大企業へ挑戦する時のポイント

前職より企業規模の大きな会社への転職を成功させるには、やはり実績で勝負するのがセオリーです。

社内でも有数の成果・成績を出せているというアピールが出来ましたら、たとえ同業で規模やシェアが負けていた前職であっても十分に高い評価を得る事が出来ます。

むしろ、自社にはないノウハウを持ち込んでくれる存在として、大変重宝される可能性もあります。

また、「前職では出来ない大きな規模の仕事をしたい」という志望動機を使いやすいため、面接で志望動機に困る事のない転職方法です。

成功可能性は決して高いとは言い切れませんが、いくつかの企業を受ける前に、まずは同業他社の中でも最大手へ(勉強の意味でも)応募してみるというのも、転職成功のセオリーかも知れません。

同業他社への転職・面接でどこまで話すべき?

同業他社への転職の際に、やはり気になるのは面接です。
特に、「どこまで話していいのか、機密漏えいにならないか」という線引きが難しい場合がよくあります。

同業他社ですと、営業エリアや成績、使っている技術の仕様などを話すだけでも、おおむね応募先に事情が知られてしまうという可能性も懸念されます。

しかし、一般的に他業種へ応募する時と変わらない程度の情報は、自己PRや面接で話すべきですし、それらを伏せて面接に挑むのは大変難しいものです。

「あきらかに機密に触れるような内容、社内の内情まで喋り過ぎない」
この一言を頭の片隅に置きながら、あとは他業種へ応募する時と変わらない程度に、普通に面接に挑むようにしましょう。

同業他社だけに、相手側も具体的にイメージしやすく、詳しい質問が多くなります。
安易に何でも話してしまいますと「簡単に情報を漏らす人物」と思われてしまうリスクも出てきます。

新製品の情報、コアな技術の仕様などは特にそうですので、技術系の方は特に気を付けるポイントも増えてきます。

逆に、業界で共通の技術について話す分には何の問題もありませんので、どんどん専門的な話を振って、知識のアピールに持って行くのも一つの手段です。

同業への転職・一番のハードルは退職理由

やはり同業への転職でネックになりやすいのは、退職理由です。

業種、職種が同じですので、「入社後に同じような理由ですぐに辞めるのでは?」と思われてしまいますと、採用される確率が下がってしまいます。
そういう点からも、やはり避けておいた方が良い志望動機はいくつかあります。

避けておいた方が良い志望動機例

・人間関係
これは完全にNGです。どの会社にも人間関係トラブルがありますので、「前職は人間関係が悪く…」や「上司とあわずに…」といったキーワードが出た時点で、面接官からNG判定されるような場合もありますので注意が必要です。

・仕事がつまらない、マンネリ化
やはり即戦力として採用されますので、前職と同じような仕事になるのは確実です。前職の仕事内容への批判は、そのまま応募先の仕事内容批判にもなってしまいますので、避ける方が無難です。

同業他社への志望動機例

・前職では出来ない仕事に挑戦したい

より大企業への応募なら、「前職では出来ない規模の仕事に携わりたい」というアピールが使えます。

また、企業規模が下がるのなら「より顧客の顔が見える仕事がしたい」「前職では仕事が細分化され、自分の担当が狭い。より一人一人に多くの仕事を任せてくれる会社へ行きたい」といった視点で、企業規模が前職より小さいからこそ出来る仕事を見つけて、それを志望動機にしていくのも方法です。

・勤務地、家族関係の理由など

例えば親の介護など、やむを得ない事情で全国転勤が出来なくなった…、地元で仕事を見つけたいといった現実的な理由も、十分に志望動機となります。
もちろん「全国転勤必須」が条件の求人には受からない志望動機ですが、その地域に強い会社や、地元に本社がある企業などでは積極的に採用される志望動機とも言えます。

まとめ

同業他社への転職は、転職の中でも成功率が高い方法ですが、やはり思わぬ所にハードルがある事もあります。
規模、内容、志望動機などをあらためて確認しておきますと、よりスムーズな転職となります。

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

自己PR、志望動機転職のお悩みQ&A
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました