辞めてから仕事を探す? 在職中に転職活動する? 転職を成功させる進め方まとめ

スポンサーリンク

141139432399344

さて、今回のテーマは「退職してから転職活動をするか、在職中に転職活動をするか」についてです。

やはりスッキリするのは、退職後の転職活動ですがデメリットも大きくなります。
自分にあった退職と転職の方法は何なのか、それを今回は解説させて頂きたいと思います。

退職後に転職する方法が合う場合

<退職後の転職するメリット>

やはり、退職して時間が出来たのであれば旅行にも行きたいですし、「毎日が休み」という感覚を、一度は味わってみたいものですよね。
退職後の時間的な余裕や、何か取りたい資格、「この長期休みにしかできない事」が、どうしても外せない時は、やはり退職後しばらく休んでからの転職活動がおすすめです。

自分をもう一度見つめなおす、人生にとっては大切な時間になるかも知れません。

また、退職の理由が「今の会社の仕事がきつすぎて、身体を壊しそう」という状態の場合は、早めの退職と休暇後の転職にすべきです。
身体を守るという事は、仕事よりはるかに重要です。

また、UターンやIターンのように、今の土地から離れて、実家の近くに引っ越して働くという場合も、退職後に活動を始めるのが一般的です。

<退職後の転職のデメリット>

やはりお金の面が一番のデメリットになります。安定した収入がない状態になりますので、転職活動が長期化すると、お金の面だ

けではなく、精神的にも辛い状態になってしまいがちです。

その一方で、失業手当を受けられるという点は、在職中の転職活動にはないポイントになります。

一般的には3か月間、失業手当が受けられますので、その間に内定を取りにいくという形になります。

在職中に転職する方法が合う場合

<在職中に転職活動するメリット>

給与が払われる状態のまま、転職活動をするわけですから、期間がどれだけ長期化しても問題はありませんよね。

タイムリミットがない、という事はそれだけ自分のこだわりにあう求人を、じっくり探せるという時間的な余裕があります。

また、精神的にも追い詰められる事がありませんので、心に余裕がある転職活動が出来ます。

基本的には、今の仕事で身体を壊しそうになっている場合でなければ、じっくり働きながらの方が安心ではあります。

転職がどうも上手くいかないという場合は、いっそ転職そのものをやめて、社内に残るという選択もあります。

<在職中に転職活動するデメリット>

面接がどうしても平日の昼間に入ります。
その時に、有給を使って面接に行く事になりますので、受ける会社が増える程、有給の取得日数が上がっていきます。

急に有給を使い始めて、不定期に休むようになると、会社や同僚から怪しまれる事になりかねません。
また、今の仕事に支障をきたす事があるかも知れません。

どうしても今の仕事が優先になりますので、数社くらいなら応募して面接を受ける事も出来ますが、在職しながら、10社、20

社と面接を受けるのは、かなり難しくなります。

まとめ

辞めてから仕事を探すか、在職中に転職活動するかは難しい問題です。
辞めてしまう方が転職活動は積極的に出来ますが、一方でじっくり時間をかけるのが難しくなります。

やはりポイントとなるのは、「急ぐなら退職後に。いつか良い機会があれば転職という気持ちなら、在職しながら活動を」でしょ

うか。

転職はどうしてもタイミングものですので、自分にあったタイミングを逃さずに動きたいものですね。

あなたの転職活動に幸ありますように!

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

転職する?残る?転職診断
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました