面接で前職の悪い部分は、話すべき?

スポンサーリンク

a1934acadfead3b6b7d99ac159c24d9a_s

さて、今回は「面接で前職の悪い部分は、話すべき?」というテーマについてです。

転職の面接では、「なぜ前の会社を辞めたのですか?」という質問がよく出てきます。
この時に、ストレートに嫌だった部分を話すのか、それとも話すべきでないのか、迷うポイントですよね。

こういう時、何をどのあたりまで言うべきか、そのポイントをまとめました。

基本的に前職の悪口はNG!

面接において前職の話を聞かれた時に、例えば
「前の職場はこんな所が悪かった! 私は指摘したのですが上司がダメで、会社の社風も馴れ合いだったので私はもっと上を目指したいと思い、転職を決めました!」
といったアピールはやはりNGです。

その理由として
・前の職場の悪口になってしまっている
・上司や同僚の悪口は特にNG!
・特に「上から目線」になると、印象的に×
があります。

上司や社風の悪口や、前の職場の愚痴を話してしまいますと、その分印象が悪くなってしまいがちですから、避けておく方が無難です。

何も言わない、あるいは前職を褒めすぎるのもNG!

逆に、前職を褒めすぎるのも、同じようにNGです。
「前職はこんな所がよくて、人も良くて、仕事も充実していて~」といった話をしてしまいますと、面接官からすると、やはり「じゃあ、なぜ辞めたの?」と思われてしまいます。

また、前の仕事が良かったという話をするほど、自分の志望動機(この会社へ応募した理由)もどんどん弱くなってしまいます。

言えば言うほどに逆効果ですので、「前職の良かった点アピール」は避けた方が無難です。

オブラートに包みながら否定するのが大切

前職の悪い部分を、どう説明するかはとても難しいですよね。

その際のポイントは、「自分の退職理由とリンクさせる」という点です。
自分の退職した理由、次の仕事にかける想い等と結びつけて話をする事で、「単なる悪口」から「志望動機」に変わります。

前職の悪い部分を、自分の退職理由とリンクさせて話す方法

例1:前職の営業は、数字さえ上げればどんな強引にやってもいいという考え方でした。それも一つの方法だとは思いますが、私は「一人一人のお客様に時間をかけて、納得してもらってから購入して頂きたい」という思いを捨てきれませんでした。前職のままでは、その方法は評価されないため、御社のように丁寧にお客様と接する企業へと転職したいと思い応募しました。

例2:前職は女性でも全国転勤が必須でした。しかし、結婚を機に家庭と仕事の両立をしたいと考え、前職のままでは家庭を置いて転勤しなければならないため、退職致しました。今回、同業種で自分のスキルを活かしながら、地域限定職が出来る事に魅力を感じて応募致しました。

これらの例のように、前職の悪い部分や自分と合わない部分を説明しながら、それが自分の退職理由とちゃんと一致していると、面接官にもとても理解されやすいアピールとなります。

逆に、ここが不一致ですと、何ともわかりにくい理由になる事もあります。

先ほどの例1で言えば、
「前職は数字さえ上げれば強引でもいいという会社でしたが、私は同僚との人間関係が嫌で辞めました」というようなアピールですと、前職の良くない部分と自分の退職理由が全くリンクしていないので、わかりにくくなってしまうので注意が必要です。

まとめ

前職の良くない部分や合わない部分を説明するのは難しい部分もあります。

伝え方のポイントは、「自分の退職理由とリンクさせる」という点です。
ここを押さえながら話す事が出来れば、悪口にならない範囲で前職の良くない部分を説明し、しかも自分のアピールになる話し方が出来るかと思います。

ぜひこれらの記事も参考にしながら、「悪口にならない自己PR」を作り上げてくださいね。

あなたの転職が上手くいきます事を願っております!

年収と口コミが見られるサービスがある!?

転職に迷った時、やはり一番に気になりますのは、年収とその会社の口コミですよね。

「入社してみたら求人票に書いてある年収より低かった…」
「転職エージェントは良い事言っていたのに、入社してみたらブラックだった…」
なんて事は避けたいものです。

しかし、大手の転職エージェントは、どこも「この会社いいですよ!」と勧めては来るものの、実際の年収やリアルな口コミを教えてくれる事は、まずありません。
(大手の転職エージェント的には、入社させるのが第一ですから、当然と言えば当然かも知れませんが…)

転職情報サイト「キャリコネ」には、年収と評判が、実際に公開されている!?

転職情報サイト キャリコネでは、その企業の実際の年収、クチコミや評判などが見られます。
未登録では年収は「***万円」と伏せられていますが、無料の会員登録を済ませると、それらを閲覧する事ができます。

情報の出どころは、社員の方が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などで、それらを登録者限定で共有するのがキャリコネという事ですね。

転職を考えるなら、大手エージェントの言う事をそのまま鵜呑みにするよりも、実際の口コミを見て、それらとあわせて考える方が確実です。

キャリコネ公式サイトが「企業の広報は通さずに公表する、働く人のためのメディア」と言い切ってしまうあたり、キャリコネの本気度を感じます。

転職を迷っている時や、「紹介された会社、本当にこの年収なんだろうか…」と不安を感じる時には、ぜひ登録して実際の声をチェックして確かめてくださいね。

(「キャリコネ転職サービス新規登録」 に無料登録しますと、年収・企業口コミの閲覧権限がもらえます)

■キャリコネの公式サイトはこちら■
→ 企業口コミサイトキャリコネで転職

受かる面接ノウハウ
スポンサーリンク
20代の転職ガイド:転職理由や職務経歴書の書き方例
タイトルとURLをコピーしました